フォト
無料ブログはココログ

« みにおるがん(りべんじ版) | トップページ | 強ければ良いってものでも無い気がする今日、この頃 »

2014年1月20日 (月)

みにおるがん(りべんじ版) : 補足

昨日の記事を読み返して、かなり説明不足だなぁ、と反省しております。

とはいえ、そんなに詳しく説明するほど、たいしたこともしていないとも思いますので、
少しだけ、補足しておきます。

(1) 私の技術では、レザプリ印刷で0.5mmピッチの48pinマイコンパターンは作れません。
P1090905_s
ほらね ... orz

ダメモトで一応パターンは作ってみましたが、アイロンがけするとき、
パターンが伸びてしまって、隣のパターンとつながってます。

ということで、実際の部品面の様子は、こういうことになっています。
Img_3810_s
つまり、48pinのピッチ変換基板を使って、むりくり配線しています。
あと、基板自体は瞬間接着剤で貼り付けてます。

(2) 音声波形出力には、D/Aコンバータを使っています。

上の写真だと、電池の上側に "9480F" という印刷のあるチップが見えます。
ROHM の BU9480F です。 16bit serial digital audio DAC だそうです。

インターフェース誌付録のボードで、ソフトFM音源を実装している方の作品を
再現したときに、購入していたものです。
# こちらの方ですね。==> JO-MIDI-FM

波形の出力方法とかも、参考にさせてもらっています。
タイマのトグル出力の割り込みで、左右のデータを出力する、とか。

(3) ソフトは未完成です。

スイッチを押すと、440Hz(A4?)あたりの1オクターブ分のサイン波出力をする、
というところまでは、試せているんですが、まだ、ぜんぜん、おもしろくない。
せっかくなので、いろいろ遊べるようにしたい、と思っている次第。

まぁ、なにぶん、動く環境が整うまで、ソフトを作る気にならない、という
ものぐさな性分なもので、ようやくこれから、ソフト作成開始、といったところです。

« みにおるがん(りべんじ版) | トップページ | 強ければ良いってものでも無い気がする今日、この頃 »

FM3」カテゴリの記事

電子工作」カテゴリの記事

コメント

STLink/V2でFM3に書き込んでるのですね。
となると…最近のねむいさんパッチ適用OpenOCDですね。

最近、DAC付きのFM3があることに気がつきました。
10bit分解能ですが、chip1stopで扱ってます。
購入しようか思案中です。

jujurouさん.、どもです。takesaです。
そーです。今回から、OpenOCD + STLink/V2で書き込んでます。
いままでは、どうにもうまくいかなくて、FlashROMはシリアルライタで書き込んでました。でも、ケースに入れたら、デバッグ端子しか外に出せなくなってしまったので、いろいろ調べて書き込めるようにしたところです。
去年末の版と、1/16の版の 080をねむいさんのwebからもらってきて、書き込めること確認してます。ありがたいことです。西には足向けて眠れませんw。
ちなみにハマッてたのは、618t用のcfgファイルのPLL増速処理(mt_internal_rc())が、内蔵CRだけだと動かなくなる、ってとこでした。
ちゃんと、ソースやスクリプトは読まなきゃダメですね。

あと、10bit D/A付き FM3 探してみましたが、"MB9AFA32L/M/N"あたりのことでしょうか。LCD向けマイコンみたいですね。変換時間 100pFで約3usとあるので、時間だけならずいぶん早そうです。はて、なにを操作することを想定してつけられた機能なのでしょうか? 目的に見合うといいですね。

> 内蔵CRだけだと動かなくなる
なんかこの辺の情報が欲しくなるです。
これぞ自作の醍醐味!!って感じの情報のような気配がします…。

ども、takesaです。説明不足申し訳ないです。
"内蔵CRだけだと動かなくなる"件ですが、内蔵CRだけの場合は、
PLLのソースクロックとして内蔵CRを選択する必要があった、
ってことでした。
具体的には、0x4001 0034番地のPSW_TRMレジスタへの設定値のbit4を
0(=メインクロック発振)ではなく、1(=高速CRクロック)にする必要がある、
ってところです。
0x0000 0000 じゃなくて、0x0000 0010を書き込むようにすることで、
どちらでも動作するようになるんじゃないかと。
一応、内蔵CR使う場合の制限事項として、
"SWV(シリアルワイヤビュー)が周波数変動が原因で使えないかも"
というのがあるようですが。
あと、MB9BF618(=TYPE2)以外の品種に適用する場合は、
PLLの逓倍率の設定値も要確認ですね。4MHz x 36 = 144MHz になってますし。

情報ありがとう御座います。

> PLLの逓倍率の設定値も要確認ですね。4MHz x 36 = 144MHz になってますし。
そうですね。ただ「このくらいは知っておいてよ」と言いたくなる範囲かもしれません。万人に対応していると何も出せなくなってしまいますから。

jujurouさん、コメントありがとうございます。takesaです。

もともと、MB9BF61x向けだけに入っていて、
なおかつ、MB9BF61xが容易に使えるボードは
インターフェース誌のアレしかないので、
専用ってことで、割り切って考えるべきでしょうね。
で、それを移植するんだったら、内容知らなきゃダメですよね。>> 自分
まぁ、@TakesaSgate の方でボヤいてますが、
魔法の呪文のままなのか、自分の言葉の短縮形にできるのか、
ってところなのでしょうね。

ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573878/58980849

この記事へのトラックバック一覧です: みにおるがん(りべんじ版) : 補足:

« みにおるがん(りべんじ版) | トップページ | 強ければ良いってものでも無い気がする今日、この頃 »